カテゴリー別アーカイブ: 脚やせ

脚やせダイエットとふくらはぎストレッチ

脚やせダイエットで大切な、ふくらはぎのストレッチについて調べてみました。太もものダイエットと同じように、ふくらはぎもダイエットして、すっきりさせたいと思っている人も多いとことでしょう。スカート着用時は、太ももは衣服で隠すことはできますが、ふくらはぎは人目にさらされやすい箇所でもあります。むくみが出やすいこともふくらはぎの特徴です。脂肪燃焼というより、むくみを解消することによってふくらはぎは引き締め効果が出ます。

むくみが脚に現れやすいのは、体の下半分に水分や老廃物が集まりやすいためです。脚のダイエット効果を得るには、脚の新陳代謝を向上させて老廃物の排出を促すことが重要になるといいます。ふくらはぎのストレッチを継続することで、老廃物を体の外に追い出しやすくし、むくみ対策を講じてください。たっぷり水分を体内に取り入れてからストレッチをすることがダイエットになります。

つま先立ちとかかと立ちをそれぞれ行うという簡単なストレッチ方法もあります。10秒のつま先立ちと、10秒のかかと立ちをそれぞれ行うことによって、脚に適度なストレッチ効果を得ることができるといいます。5回ずつを交互に繰り返すのを1セットにして、1日に4~5回すると脚のむくみにとても効果があるそうです。脚のストレッチ運動は、椅子に座っている時でもできるという利点があります。ちょっとした空き時間のほか、デスクワーク中にもできる運動といえます。脚やせダイエットは、毎日の積み重ねですから、1日に少なくとも2~3回ずつぐらいはストレッチをやってみることをおすすめします。

脚やせダイエットと太ももストレッチ

太ももとふくらはぎの2点の筋肉を集中的に動かすことで、脚やせダイエットのストレッチをします。どのようなストレッチが、太もものシェイプアップに効果的でしょう。ストレッチによるダイエットでは、急激な動作きは避けるようにします。ストレッチ効果を高めるには、早い動きではなく、ゆるやかな動作でストレッチをすることです。早く動いても筋肉は十分伸びません。ストレッチで太ももを鍛えたいという場合、壁に沿って達、壁に片手を添えて右足を曲げて持ち上げていきます。15秒間待ち、そしてゆっくりと下げます。左右5回から10回ずつしましょう。太ももの前面の部分がダイエットできます。

終わったら、今度は同じように後ろ側に脚を上げます。ゆっくりと脚を後ろに上げて15秒数え、ゆっくりと下げます。太ももを引き締めることができるでしょう。脚のストレッチによってダイエットをするなら、5回ずつの運動を1セットとして3~4セット行うようにします。太もものストレッチが終わったら、疲れが残らないように、脚首から上にとマッサージをしましょう。リンパが流れやすくなって疲れだけに限らず、老廃物も流れるようになり、体に溜まりにくくなります。脚やせダイエットをする場合は、時間が掛かる傾向がありますが、あきらめずに継続すればダイエット効果を実感できるようになるでしょう。

脚やせダイエット

脚やせダイエットが人気があります。ダイエットには様々な方法がありますが、とにかく体重を減らすというダイエットより、体の一部をスリムにする部分ダイエットは難しいようです。部分痩せダイエットが難易度が高い理由は、特定の場所だけ細くしたいという行為自体が困難なためです。部分痩せを実現させたいなら、食事を減らす以外の方法が必要です。細くしたい部分の脂肪が燃焼するような運動をダイエットに組み込みましょう。

部分痩せの中でも脚やせは難しいと言われますが、それは下半身に脂肪や老廃物が蓄積されやすく、減らしづらいためです。脚の太さが一定以上の状態になってしまうことは、人であることからやむをえないことです。脚が太くなることはやむをえないことではありますが、中にはすらりとした脚の人もいます。脚がほっそりとして、きれいな人も少なくありません。

きれいな脚になる為にはどんなダイエットをしたら良いのでしょうか。血液やリンパ液がスムーズに流れる脚にすることで、老廃物や水分の排出が促進できます。脚やせにはまず血流と代謝を活発にすることが大事です。血液やリンパの流れを良くして、老廃物を少なくするには、ストレッチをして脚を動かす事が一番効果があります。ダイエットで脚の部分痩せを成功させたい場合は、脚のストレッチ運動に毎日取り組むようにしましょう。